健康はてな

HOME> 健康はてな> 記事詳細

記事詳細

検査のご案内

一覧へ戻る

子宮頸がん検査のご案内

○子宮頸がん検査のご案内
 当院では新たに「ヒトパピローマウイルス(HPV)検査」を追加しましたのであわせてご案内いたします。

 ・子宮頸がんとは?

子宮頸がんは、子宮の粘膜にできる「がん」の一種で子宮の入り口(頸部)に
できる「がん」です。20〜30歳代の若い女性に増加しています。
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が大きくかかわっています。
子宮頸部の細胞に変化が起き、まず異形成という細胞になります。
異形成の細胞は治ることも多いですが、一定の頻度で子宮頸がんが発生する
ので異形成は”前がん病変”とも呼ばれています。
・子宮頸がん検査はどのようにするの?
1. 細胞診

1.1 細胞診とは
 細胞診は「がんを疑うような異常な細胞がないかどうか」を調べる検査で、細胞を顕微鏡で
 見て診断します。
 細胞診は、子宮頸がんを診断する各種検査法の中でも非常に有効な方法で以下のような
 メリットがあります。
   ・痛みなど苦痛が少ないため、繰り返し検査をすることができる。
   ・炎症か、腫瘍か、腫瘍だったら良性か悪性かなどの質的判断ができる。
   ・がんになる前段階(異形成)から発見することにより早期治療の必要性がわかります。

1.2 細胞診の検査の流れ
 細胞診は、以下のように実施します。
 (1)子宮頸がんの発生しやすいところの細胞をブラシで軽くこすり取る。
    (細胞の採取にかかる時間はごく短時間で痛みもありません)
 (2)こすり取った細胞を硝子板に塗り、色素で染めて顕微鏡で見て調べる。
    (検査結果は1〜2週間程度で判明いたします) 

1.3 細胞診の検査結果
 検査結果はベセスダ分類と呼ばれる分類に従って判定されます。
 陰性(NILM)の他は再検査や精密検査が必要です。
 (※以前使用されていたクラス分類(日母分類)は使用されなくなりました。
   参考、比較のために日母分類と福岡県産婦人科医会の略式分類を下表に併記しています。)
結果 略語 内容 指針 日母
分類
福岡
産婦人科
医会
陰性 NILM 異常なし 次回の定期検診を クラス
Ⅰ,Ⅱ
陰性
意義不明な
異型扁平上皮細胞
ASC-US 軽度病変疑い 精密検査の要否確認
HPV検査または細胞診
(6ヶ月後)が必要 
クラス
Ⅲa
疑陽性
軽度異型
扁平上皮内病変
LSIL 軽度病変
(軽度異形成を推定)
要精密検査
(コルポスコピー、生検他)
クラス
Ⅲa
HSILを
除外できない
異型扁平上皮細胞
ASC-H 高度病変疑い クラス
Ⅲb
高度異型
扁平上皮内病変
HSIL 高度病変
(中-高度異形成推定)
(上皮内がん推定)
クラス
Ⅲb
クラス
陽性
扁平上皮がん SCC 扁平上皮がん クラス
異型腺細胞 AGC 腺異型または腺がん疑い クラス
疑陽性
上皮内腺がん AIS 上皮内腺がん クラス
陽性
腺がん adenocarcinoma 腺がん クラス
その他の悪性腫瘍 Other malignancy その他の悪性腫瘍 クラス

2. ヒトパピローマウイルス(HPV)検査

2.1 ヒトパピローマウイルス(HPV)検査とは
 ヒトパピローマウイルス(HPV)検査は「子宮頸がんの原因ウイルスに感染していないかどうか」を
 調べる検査です。 性交渉を持ったことのある多くの女性が感染します。
 ヒトパピローマウイルス(HPV)は100以上のタイプがあり、低リスク型と高リスク型に分けられます。
 子宮頚頸んは、高リスク型と呼ばれる一部の危険性の高いヒトパピローマウイルス(HPV)によって
 引き起こされるため、高リスク型のヒトパピロ ーマウイルス(HPV)に感染していないかどうかを
 調べます。

 ※高リスク型のヒトパピローマウイルス(HPV)
  16型、18型、31型、33型、35型、39型、45型、51型、52型、56型、58型、59型、68型

 ※米国では30歳以上の女性を対象として細胞診とHPV検査の併用による子宮頸がん検診が
  ガイドライン化されています。

2.2 ヒトパピローマウイルス(HPV)検査の流れ
 ヒトパピローマウイルス(HPV)検査は、1.2の細胞診と同じ検査の流れになります。
 ※細胞診を同時受診した場合は改めて実施する必要はありません。

2.3 ヒトパピローマウイルス(HPV)検査の検査結果
 検査結果は「陰性」または「陽性」で判定されます。
 「陰性」 → 現在のところ子宮頸がんの原因ウイルス(高リスク型)に感染していないと判定します。
 「陽性」 → 子宮頸がんの原因ウイルス(高リスク型)に感染していると判定します。
         定期的に細胞診を実施し、がんの前段階もしくはそれ以上 の病変がないかどうかを
         検査する必要があります。

「細胞診」と「ヒトパピローマウイルス(HPV)検査」を併用して検査することで、将来がんになるリスクがあるかどうかを知ることができます。
 子宮頸がんを早期発見することにより、子宮を摘出せずに外来治療(高周波治療、レーザー治療)することが可能になります。

○価格について
 【細胞診】定価3,000円(税抜)
 【ヒトパピローマウイルス(HPV)検査】定価5,150円(税抜)
 【細胞診とヒトパピローマウイルス(HPV)検査を同時受診】定価8,150円(税抜)

インデックスへ戻る

  • 人間ドックインターネット予約

外来診療担当医表

  • 天神クリニック
  • ステーションクリニック
  • 健康のはてな
  • 健診を受ける女性の方へ
  • 経鼻内視鏡検査のご案内
  • 採用情報
  • アンケート等でいただいたご意見への回答

ページのTOPへ