健康はてな?

検査・機器のご案内

カテゴリ一覧へ戻る
マンモグラフィー(Mammography)

マンモグラフィー検査とは・・・


X線を用いて、左右の乳房を上下方向と斜め方向から撮影する検査方法です。2枚の板で乳房を挟み、圧迫して撮影します。
マンモグラフィ検査では乳房の腫瘍や石灰化の有無や大きさ、形状などの情報が得られます。特に石灰化の描出にすぐれています。
石灰化は良性病変でも得られることがありますが、がん細胞が増殖していくときに分泌液として産出されたり、がんの壊死に伴って石灰化が生じたりします。
マンモグラフィ検査で乳がんを早期発見することで早期治療につながり、死亡率低下につながります。

注意事項

次に該当する方は検査ができません
  • 豊胸手術後(実施可能なものもありますのでご相談ください)
  • ペースメーカを装着している方
  • 妊娠中・授乳中の方

圧迫することのメリット

  • 乳腺を広げて圧迫することで、乳腺の重なりが少なくなり、正常乳腺としこりの差を際立たせることができます
  • 乳房の厚みを薄くすることで被爆量低減することができます
  • 呼吸や動きによるブレを軽減することができます
  • ボケの少ない鮮明な画像が得られます
一覧へ戻る