健康はてな

HOME> 健康はてな> 記事詳細

記事詳細

人間ドック・健診 検査内容の説明

一覧へ戻る

血液検査-肝機能(GOT・GPT・γ-GTP・クンケル・総ビリルビン・ALP・LDH・総蛋白・アルブミン・A/G比)
GOT
 肝臓や心臓などの細胞に含まれる酵素です。細胞が炎症を起こしたり、壊れたりすると
 酵素が血液中に増加します。高い値では、肝臓・心臓・筋肉の障害が考えられます。

 [基準値] 30 IU/ℓ以下

GPT
 慢性肝炎、脂肪肝などで高い値を示します。

 [基準値] 30 IU/ℓ以下

γ-GTP
 主に肝臓や腎臓に含まれる酵素です。肝・心疾患、悪性腫瘍、アルコール摂取による
 肝障害、薬剤性肝障害などで高い値を示します。

 [基準値] 50 IU/ℓ以下

クンケル
 慢性肝炎、肝硬変などの肝疾患のほか、慢性感染症や膠原病(リウマチなど)などで
 異常値を示すことがあります。

 [基準値] 3.0~12.0 K-U

総ビリルビン
 胆汁色素の成分で、肝機能障害のスクリーニングとして有用な検査です。
 黄疸(眼球の白い部分や皮膚が黄色くなる)などがわかります。

 [基準値] 0.2~1.2 ㎎/㎗

ALP
 胆汁の通り道である胆道系の障害で異常値を示します。

 [基準値] 115~359 IU/ℓ

LDH
 臓器の細胞が破壊されると、血液中に増加します。肝・心疾患、悪性腫瘍などが疑われます。

 [基準値] 115~245 IU/ℓ

総蛋白
 全身の栄養状態を表すとともに肝臓・腎臓・免疫疾患などで変化を認めます。
 低値でも高値でも疾病が疑われます。

 [基準値] 6.5~8.3 g/㎗

アルブミン
 主として、血液中の水分バランスを保つ働きをしています。脱水症状や肝硬変などで変化します。

 [基準値] 4.0~5.0 g/㎗

A/G比
 血清に含まれるたんぱく質のアルブミンとグロブリンの比率を表したものです。
 肝臓・腎臓・免疫疾患、栄養不良などで変化します。

 [基準値] 1.3~2.3

インデックスへ戻る

  • 人間ドックWEB予約

外来診療担当医表

  • 天神クリニック
  • ステーションクリニック
  • 健康のはてな
  • 健診を受ける女性の方へ
  • 経鼻内視鏡検査のご案内
  • 採用情報
  • アンケート等でいただいたご意見への回答

ページのTOPへ