健康はてな?

人間ドック・健診 結果報告書の見方

カテゴリ一覧へ戻る
結果報告書の見方について
人間ドック・健康診断受診から約2週間で、お手元に『人間ドック結果報告書』または
『健康診断結果報告書』をお届けします。こちらでは結果報告書の見方についてご説明します。
 

判定の見方

A :異常なし 異常を認めません
B :問題なし 基準値から僅かに外れておりますが、健康上の問題はありません
C :要経過観察 異常を認めますので経過観察が必要です
D :要再検・精密検査 異常を認めますので、再検査もしくは精密検査が必要です
E :要医療 治療もしくは医師への相談が必要です
F :要治療継続 治療もしくは引き続き主治医の指導をお受け下さい
(今回の結果は主治医へご報告下さい)
 

結果報告書の見方

人間ドック結果報告書は9ページで1セットになっています。
(検査の結果、D判定、E判定が存在する場合は2ページ目に「人間ドック 要医療・要再検のお知らせ」が追加されます)
(健康診断報告書 表紙)
健康診断結果報告書は7ページで1セットになっています。
(検査内容に上部消化管検査が含まれる場合は9ページで1セットになります)

再検査・精密検査受診のお知らせ

検査の結果、治療や精密検査、再検査が必要と判定された場合、受診すべき検査内容と当院で検査を受けて頂く際の案内、注意事項などが印字してあります。

総合判定

検査結果の総合的な判定と、有所見(C判定以上)になった検査項目と、判定に対するコメントが印字してあります。
 

機能別判定

各検査の機能別判定の一覧と、問診票に記載いただいた内容を印字してあります。
 

検査別結果一覧

各検査の結果を項目別に印字してあります。
 

検査結果の見方

→ 「人間ドック・健診 検査内容の説明」へ
一覧へ戻る