よくある質問

外来受診について

  • 診療時間はそれぞれ下記の通りです。

    ※受付は8:30から行っています

    ■天神クリニック
    【診療案内】
    平日/9:00~16:30(最終受付16:00)、
    土曜/9:00~13:00
    【発熱外来】
    平日/16:30~18:00(最終受付17:30)予約制
    ※風邪症状、発熱で受診を希望される方は事前にお電話ください
    【休診日】
    日曜・祝日・年末年始・お盆

    ■ステーションクリニック
    【診療案内】
    平日/9:00~16:30(最終受付16:00)、
    土曜/9:00~11:30
    【発熱外来】
    平日/16:30~18:00(最終受付17:30)、
    土曜/11:30~13:00(最終受付12:30)予約制
    ※風邪症状、発熱で受診を希望される方は事前にお電話ください
    【休診日】
    日曜・祝日・年末年始・お盆

  • 昼休憩はありませんので常時診察可能です。

  • 必要です。毎月一度ご提示をお願いいたします。ご提示がない場合、自費での診療となる可能性がありますのでご注意ください。
    また、健康保険証をお持ちでない方は自費での診療となります。後日、清算が出来る可能性もありますので、当日窓口でご確認ください。

  • 予約が必要な検査もございます。詳しい内容や予約時間については、下記よりご確認ください。

人間ドック・健康診断について

  • 下記の予約センターへご連絡ください。日程の変更を承ります。
    予約センター:092-721-3583または0120-5290-41 (いずれも音声ガイダンスに沿って①を選択)

    ※受付時間は平日8:00~17:00、土曜日8:30~12:30です

  • 当日のお申し込みは承っておりません。ご予約日の1週間前までにお申し込みください。
    なお、内視鏡検査や婦人科検査など定員がある検査は、ご予約の時点でも申し込みをお受けできない場合があります。

  • 食事制限がありますので、午前受付の方は前日22:00以降、午後受付の方は当日8:00以降、絶飲食でご来院ください。
    飲食をされると血液検査では血糖値(空腹時血糖)や脂質値(特に中性脂肪)が、尿検査では蛋白や糖が高い値となり正確な結果が出ません。
    上部消化管検査では胃に残留した食物の影響で疾病があっても写らない可能性があり、観察が不十分となります。
    また、超音波検査では食事の影響で胆のうが小さくなり十分な観察が行えないことがあります。
    以上の観点から、食事制限をしないまま来院された場合、当院の医師の判断によっては検査できない場合がありますのでご了承ください。

  • 糖尿病の薬は服用せずにご来院ください。高血圧や心臓病の薬は起床後すぐに、あるいは受付時間3時間前を目安に服用してください。
    その他服用されている薬については主治医にご相談ください。

  • 専用・提携の駐車場はございません。お近くの有料駐車場をご利用されるか、公共交通機関でお越しください。

  • 一括払いであればクレジットカード・電子マネーでのお支払いやQRコード決済も可能です。

  • 一緒に入室できない検査室等もございます。待合フロアにてお待ちいただけるお子様であればお連れいただくことは可能ですが、そうでない場合は保護者の付き添いをお願いしております。

  • 天神クリニックではご受診いただけます。(ステーションクリニックは不可)
    ただし、原則付き添いの方も一緒にご来院をお願いしております。また、安全上の観点から胃部X線(胃透視)検査はお断りしております。

  • 日本語が話せない方は通訳の付き添いがあればご受診いただけます。
    ただし、胃部X線(胃透視)検査は通訳の方の入室ができませんので、日本語による意思の疎通が図れない方は検査をお断りしております。

  • どちらもメリットとデメリットがあります。
    上部消化管検査(バリウム)のメリットは、経済面と検査時間の短さや、胃全体の形状が分かりやすく、近年は、造影効果に優れたバリウム(造影剤)を使った撮影方法で良好な画像が得られ、早期の胃癌発見にも繋がっています。
    デメリットは、少なからず放射線による医療被ばくを伴うこと、バリウム服用や服用後に排泄が必要なこと、撮影前後に体位変換を伴うため、身体的な負担が大きいことです。 上部消化管内視鏡検査(カメラ)のメリットは、細かな病変の観察やその場で組織の検査(生検)が可能であり、ごく初期の微細な胃癌の発見は、上部消化管X線検査より優れています。
    デメリットは、検査費用が上部消化管X線検査より高額で、検査前後にやや時間がかかる事などです。
    ごく初期の微細な胃癌の発見は、上部消化管内視鏡検査が優れています。
    ピロリ菌除菌後の胃癌リスクは、除菌前に比べて1/3に減少するといわれますが、ピロリ菌や潰瘍の治療後、逆流性食道炎などの既往歴がある方には、上部消化管内視鏡検査をお勧めしています。

  • 子宮頸がん検査を含むすべての検査をご受診いただけます。
    ただし、尿や便の検査は潜血により再検査となる可能性がありますので、生理期間(前後3日含む)を避けた日程での受診をお勧めしております。
    なお、受診日の2週間前から尿・便の検体をご提出いただけます。(福岡市大腸がん検査は除)。 

    ※健康診断受診後の検体預かりは行っておりません。

  • 放射線検査(胸部X線・胃部X線・マンモグラフィー・胸部CT・腹部CT・大腸CT・心臓CT)、内視鏡検査はご受診いただけません。
    また、妊娠中の子宮頸がん検査は出血を起こしやすいため、当院の医師の判断で中止する場合があります。

    ※子宮頸がん検査は妊娠初期にかかりつけの産婦人科で実施している場合が多いので、検査が重複しないようご確認をお願いいたします。

    なお、臨月に入られた方はすべての検査において受診をお断りしております。
    妊娠中の方は受診日当日までに必ずお申し出ください。

  • マンモグラフィー検査では石灰化の形や分布を、乳腺エコー検査ではしこりの形や大きさを診ることができます。
    乳がんは石灰化やしこりの有無で見つかることが多く、それぞれの検査で長所が異なりますので、両方の検査を合わせてご受診いただくことをお勧めしております。

  • 視触診は行っておりませんのでご受診いただけません。

  • 心臓CT検査、マンモグラフィー検査、体脂肪測定はご受診いただけませんが、胸部CT検査・腹部CT検査・大腸CT検査はご受診いただけます。
    頭部MRI・MRA検査はペースメーカーの種類によってはご受診いただけますので、申し込みの際にお尋ねください。

  • お早めに最寄りの医療機関にて受診してください。当院で受診される場合は結果報告書をお手元にご用意の上、下記までご連絡ください。外来での受診となります。
    天神クリニック    :
    092-721-3571(音声ガイダンスに沿って②を選択)
    ステーションクリニック:
    092-441-5446(音声ガイダンスに沿って②を選択)

  • 結果報告書に記載の期間後に最寄りの医療機関にて受診してください。当院で受診される場合は結果報告書をお手元にご用意の上、下記までご連絡ください。 外来での受診となります。
    天神クリニック    :
    092-721-3571(音声ガイダンスに沿って②を選択)
    ステーションクリニック:
    092-441-5446(音声ガイダンスに沿って②を選択)

  • 結果説明は承っておりますので、ご希望の方は下記の保健科へお問い合わせください。

    ※当院で受診された方に限ります

    保健科(健康診断結果問合せ):092-721-3587

    ※受付時間は平日9:00~17:00、土曜日9:00~12:30です